トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

浦安の舞奉納 41町による掛川祭

浦安の舞を奉納する中央小の5、6年生=掛川市下俣南の利神社で

写真

 掛川市中心部の七神社の氏子四十一町による掛川祭が開幕した。初日は宵祭りで、神社ごとに神事があった。台風の接近に伴い、夕方には雨が降り出したが、各地で屋台が引き回されて夕闇にお囃子(はやし)が響き渡った。

 七町が氏子の利神(とがみ)社(下俣南)では、祭り青年や氏子総代ら二百人が法被姿で参列した。当番町の中央高町の女子児童が浦安の舞を奉納。中央小学校の五、六年生四人が舞姫役を務めて、扇や鈴を手に厳かな舞を演じた。町ごとの祭り青年による余興もあった。

 十二、十三両日は、天候をにらみながら屋台が中心部に繰り出す。お囃子の音色に合わせて練り歩き、華やかな手踊りなどが彩りを添える。

 利神社の小崎孝雄・氏子総代会長(75)は「十二日の引き回しは台風の影響を見て各町が判断する。子どもたちの安全を第一に考えてほしい」と話した。

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索