トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

日本夜景遺産に梶原山公園とドリームプラザ観覧車

観覧車や港一帯の夜景=静岡市清水区で(エスパルスドリームプラザ提供)

写真

 観光資源としての夜景の活用を目指す「夜景観光コンベンション・ビューロー」(東京都)が後世に残すべき夜景を認定する今年の「日本夜景遺産」に、静岡市の梶原山公園(葵区)とエスパルスドリームプラザ観覧車「ドリームスカイ」(清水区)が選ばれた。

梶原山公園から見える清水港方面の夜景=静岡市葵区で(同市提供)

写真

 自治体などが推薦した候補地から夜景愛好家らの投票で決まり、これまでに日本平や牧之原公園、レインボーブリッジ(東京)など県内七カ所を含む二百四十一カ所が認定されている。

 梶原山公園は、梶原山山頂(二七九メートル)に位置し、市内の夜景を三百六十度見渡せる。市内を貫く東名高速道路に輝く「オレンジ色のテールランプと日本平の静寂の対比」が見どころと評価された。

 ドリームプラザは、一九九九年に清水港百周年を記念して日の出地区に整備された複合商業施設。観覧車と港一帯の明かりが水面に揺らめく幻想的な光景が特徴とされ、「横浜港と長崎港に引けを取らない貴重な夜景」と認められた。

 市観光・国際交流課の担当者は「市内に夜景の名所が多いことをPRする好機になった。夜景スポットは滞在時間が長くなるため、経済波及効果にも期待したい」と歓迎した。

(五十幡将之)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索