トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

まる子の笑顔、田んぼアート 浜松・南区

「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子を描いた田んぼアート=10日、浜松市南区寺脇町で(ドローンから)

写真

 浜松市南区寺脇町の水田で、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子を描いた田んぼアートが見頃を迎えた。

 地元有志らでつくる「白脇田んぼアートの会」が九年前に始め、話題のキャラクターなどを毎年描いている。今年は、昨年八月に死去した静岡市出身の漫画家さくらももこさんの代表作の主人公を題材に選び、赤い頭巾姿のまる子が稲束を抱える様子を表現した。

 同会のメンバーや農協職員らが六月ごろ、約二千四百平方メートルの田んぼに支柱約二百本を立てて目印とし、種から育てた苗を植える作業を始めた。黒や緑、ピンクなど五種類の稲を用いた。

 山内正弘会長(78)は「見に来てもらい、農業にも興味を持ってもらえたら」と期待を込めた。見頃は今月末ごろまで。

(松島京太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索