トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

木梨展来場者が7万人突破 浜松市美術館

木梨憲武さんのサイン入り図録を手にする田中悠人君(中)=浜松市中区の市美術館で

写真

◆企画展の最多記録をさらに更新

 浜松市美術館(中区松城町)で開かれている木梨憲武展「Timing−瞬間の光り−」(中日新聞東海本社など主催)の来場者が三十日、七万人を突破した。同館の企画展で来場者が七万人を超えるのは初めて。七万人目となった三重県鈴鹿市の桜島小二年田中悠人君(8つ)に記念品が贈られた。

 同館によると、これまで最も来場者が多かった企画展では一九八二年の「ブリヂストン美術館名品展」で、四万六千七百三十三人。最多入場者数を更新中の木梨憲武展は県外からの来場が多いという。

 悠人君の母史津子さん(37)はグッズを集めるほど木梨さんファン。家族旅行先の浜松市で宿泊したホテルでテレビCMを偶然見て同展を知り、来場した。記念品は木梨さんのサイン入り図録で「うれし涙が出た。家に飾りたい」と喜んだ。

 悠人君は、ユニークな表情をした人形が並ぶ作品「フェアリーズ−街−」が気に入ったといい「顔が面白かったのでじっと眺めた」と話していた。

(松島京太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索