トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

湖上の鳥居と舞う 弁天島花火フェス

湖上を鮮やかな大輪の花火が彩った浜名湖弁天島花火フェス=浜松市西区舞阪町で(長時間露光、袴田貴資撮影)

写真

 浜名湖弁天島花火フェス(ゲートウエー・フェスティバル、中日新聞東海本社後援)が十八日、浜松市西区の弁天島海浜公園であった。約千五百発の花火が夜空を彩り、観光客らがライトアップされた湖上の鳥居との美の競演に見入った。

 前身は二〇一三年まで半世紀続いた弁天島海開き花火大会。若手有志が一四年に復活させ、毎年開いてきた。地元企業などにスポンサーになってもらい、クラウドファンディングも活用し、資金を集めた。

 六回目の今年は、二〇年東京五輪・パラリンピックで浜松市がブラジル選手団を事前合宿で受け入れることから、同国など世界の料理を提供するエリアが新たに設置された。

 浜松市中区の渥美瑛琉(えいる)ちゃん(4つ)は家族ら計七人で来場した。たくさんの外国人に驚いた様子だったが、次々に打ち上がる花火に「きれい」「楽しい」と喜んでいた。 

(鈴木凜平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索