トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

「令和」網目メロン実る 三ケ日農家・名倉さん

「令和」と彫ったメロンを見せる名倉令和さん=浜松市北区で

写真

 三、四日に浜松市北区三ケ日町三ケ日のJAみっかび特産物直売所で開かれる「三ケ日メロンフェア」に向け、同JAメロン部会の農家名倉令和(のりかず)さん(63)が二日、メロンを収穫した。新元号を祝って、皮に「令和」と文字を書いた「令和メロン」も展示する。

 部会は三軒の農家がビニールハウスで栽培しており、計五千玉を出荷している。名倉さんは五月に定植したが天候不順で管理が難しかったという。成長具合を毎朝確かめながら水をやる量を抑え、無事に収穫期を迎えた。今月中旬までに最大三千玉を収穫する。

 そのうち三玉は「令和メロン」。皮に「令和」と針で彫ることで、網目と一緒に文字を浮かび上がらせた。

 新元号が発表されてから、周りに「悪いことできなくなったね」などと言われた名倉さん。「小っ恥ずかしいけど、ありがたい気持ちもある」と記念に作ることにしたという。

 フェアは両日午前九時〜午後五時。令和メロンは販売しない予定だが、他にメロン約千玉を販売。3Lサイズで二玉三千円など。「値段はお手頃だが、質は良い。ぜひ手に取って確かめてほしい」と話した。

(鈴木凜平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索