トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

海外派遣の2人 浜松市長に意気込み語る

◆永田さん・ソフトボール指導 中村さん・熱帯での野菜栽培

意気込みを語る永田マリアさん(右)と中村遼さん=浜松市役所で

写真

 国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊で中南米にボランティア派遣される永田マリアさん(22)=浜松市浜北区=と中村遼さん(22)=同市東区=の二人が八日、市役所で鈴木康友市長に意気込みを語った。

 青年海外協力隊は、開発途上国などに教育や医療、農業などの専門知識を持つ隊員を派遣し、約二年間技術や知識を指導する取り組み。一九六五年に発足し、これまで九十二カ国に約四万五千人の隊員を派遣してきた。二人は三月に大学を卒業し、四月から研修を積んできた。七月中に日本を出発し、現地での活動を始める。

 永田さんはボリビアでソフトボールを指導する。小学生のころから野球やソフトボールをし、大阪体育大では女子硬式野球部に所属。現地では子どもたちにソフトボールのルールや技術を教えるほか、ナショナルチームの活動にも同行する。

 中村さんは日本大での熱帯植物の研究を生かし、ジャマイカで野菜栽培の技術を教える。「現地では食らい付いて頑張りたい」と意気込んだ。

(松島京太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索