トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

浜医大 地域貢献で連携 静銀、浜松いわた信金と協定

協定書を交わす浜松医科大の山本清二副学長(右)と静岡銀行の大橋弘常務=浜松市東区の浜松医科大で

写真

 浜松医科大(浜松市東区)は十七日、地域社会の発展と産業振興で協力連携するための協定を、静岡銀行、浜松いわた信用金庫とそれぞれ締結した。同大で調印式があり、山本清二副学長は「金融機関との連携で、地域貢献の使命を果たしていく」と誓った。

 地方創生の推進や地域経済の活性化、相互の人材育成などで連携を深めていく。人材育成では、同大が新築した医工連携拠点棟に入る「はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点」で、金融機関の職員がコーディネーター業務を担い、情報共有を進める。同大職員が金融機関の企画するイベントに関わるなどし、社会貢献のノウハウを学ぶ。

調印式に出席した浜松いわた信金の野田純一専務=浜松市東区の浜松医科大で

写真

 ベンチャー企業の育成や、新規事業の展開といった産業分野でも協力。静岡銀行の大橋弘常務は「地方創生には雇用の場が重要だ。学生の起業を含め、連携が新たな企業を生むきっかけにしたい」と期待した。浜松いわた信金の野田純一専務は「地域の持続的な発展につなげていきたい」と話した。

(坂本圭佑)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索