トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

アシカも「令和」一筆 沼津の水族館

新元号「令和」を筆で書いたカリフォルニアアシカのグリル=沼津市の伊豆・三津シーパラダイスで

写真

 沼津市内浦長浜の水族館「伊豆・三津(みと)シーパラダイス」では一日、書道パフォーマンスで人気のカリフォルニアアシカ「グリル」がショーで新元号を披露した。口にくわえた筆で、「令和」の二文字をA2判の画用紙にゆっくりと記した。

 十九歳のグリルは書道歴十七年間のベテラン。一月中旬から、インターネットで人気を集めていた「永和」などを練習してきたが、「令」の字は書いたことはなかったという。それでも、新元号発表から三十分足らずで臨んだショーで、巧みな筆さばきを見せ、観客を沸かせた。

 ショーでグリルをサポートする飼育員の白倉美紗希さん(25)は「令は斜めのはらいがあって難しいが、ぶっつけ本番でうまく書いてくれた。グリルがまじめに書道をしてきた成果だと思う」と胸をなで下ろした。

 群馬県みなかみ町から家族四人で訪れた田村夢翔(ゆうと)さん(14)は「新元号を書くことは知らなかったからびっくり。上手にできていてすごい」と目を丸くしていた。

 グリルが書いた「令和」は五月六日まで館内で展示する。新元号パフォーマンスも同日まで、一日四回実施する予定。

(杉原雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索