トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

舞阪に活気 シラス漁始まる

初漁でにぎわう競り場=浜松市西区の舞阪漁港で

写真

 浜松市西区の舞阪漁港で二十五日、シラス漁がスタートした。小魚など交ざりものが多くて競り値は控えめだったが、初日の水揚げ量は昨年より十四トン多い六十二トン。シラスがぎっしりと入ったかごが市場の端まで並び港内が活気づいた。

 舞阪のシラス漁は、二隻でシラスの群れを曳(ひ)き網で捕獲する「二艘(そう)曳き」。天候の影響で県内全体の解禁日から四日遅れで初日を迎えたこの日、全四十一統八十二隻が出漁。二回、三回と網を入れて港に戻ると、船主の妻らが忙しそうにシラス入りのかごを競り場に並べていった。仲買人は鮮度や交じりけを確認し、次々と競っていった。サバゴやアミエビなどが交ざり、ベテランの仲買人(63)は「初日にしたら多いけど、去年の方がものが良かった」と、今後の漁に期待を寄せた。

(飯田樹与)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索