トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

東名・舘山寺スマートIC開通

バルーンリリースで開通を祝った浜松市立高吹奏楽部の生徒ら=17日、浜松市西区呉松町で(山田英二撮影)

写真

 東名高速道路の舘山寺スマートインターチェンジ(IC)が十七日、浜松市西区呉松町の東名舘山寺バス停付近に開通した。市と中日本高速道路が二〇一五年六月から整備してきたもので、県内十一番目のスマートIC(新東名高速を含む)。浜名湖周辺地域へのアクセスが飛躍的に向上する。

 新スマートICは浜松西IC(西区)と三ケ日IC(北区)間に設置され、出入りは東京、名古屋の両方面とも可能。自動料金収受システム(ETC)を搭載する全車種が二十四時間利用できる。舘山寺温泉街までは約十分。浜松西IC利用時に比べ、同温泉街やはままつフラワーパークへの所要時間が二十〜三十分短縮される。

 午後四時の開通に先だつ開通記念式典で、浜松市立高校吹奏楽部の演奏や鈴木康友市長らによるテープカットがあった。鈴木市長は「観光客の増加などに大きな効果を発揮すると期待する。防災面でも寄与すると考える」と、市内三つ目となるスマートIC開通を喜んだ。

写真

 当初は一七年三月の開通を目指したが、軟弱な地盤を改良する工事が加わったため、二年遅れた。総工費は二十五億円で、うち約六億円を市が負担した。

(武藤康弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索