トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

東京五輪500日前 磐田東部小で人文字

芝生広場に「500」の数字を浮かび上がらせた児童たち=12日、磐田市の東部小学校で(磐田市提供)

写真

 二〇二〇年東京五輪の開幕五百日前の十二日、磐田市東部小学校の全児童約八百人が校内の芝生広場で「500」の人文字をつくった。

 児童たちは学年ごとに並び、縦二十メートル、横四十メートルの人文字を完成させた。専門業者や市職員が、小型無人機ドローンで上空から撮影すると、児童たちは両手を大きく振って応えていた。

 ラグビーを習っているという六年生の川島大虎(たいが)君(12)は「オリンピックが楽しみで、迫力あるプレーを生で見てみたい。きっと多くの人がオリンピックの開幕を待ち望んでいる」と期待していた。

 同校は、大会組織委員会が推進する教育プログラムの教育実施校の認証を受け、大会開催までの期間中、スポーツや外国文化などに関連した授業や行事に取り組んでいる。今回撮影した人文字の写真や動画は、市や同校のオリンピック関連イベントやPR活動などで活用する。

 静岡県庁では開幕までの日数をカウントダウンする映像装置の点灯式があった。川勝平太知事は「県が機運醸成の推進役となり、おもてなしの心を世界にアピールしていく」とあいさつした。

(夏目貴史、三宅千智)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索