トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

復興願う灯 浜松でも追悼

市の中心部にキャンドルが灯された3・11復光キャンドルナイト=11日午後7時2分、浜松市中区中央のアクト通りで

写真

 中部地方でも、犠牲者を弔い、被災地の復興を願う行事が営まれた。

 浜松市では犠牲者をしのび、復興を願う「3・11復光キャンドルナイト」(中日新聞東海本社後援)が中区のアクト通りで催された。訪れた家族連れらが被災地への祈りをこめて、一万を超えるろうそくをともした。

 ろうそくを入れたプラスチックケースには「浜松からYELL」など、市民が被災地に向けた言葉が添えられた。午後六時から点灯を始め、中央広場に「灯 3・11」の光の文字を浮かび上がらせた。

 「自然のぬくもりで鎮魂の思いを伝えられれば」と、竹の利活用を提案する「ふじのくに竹王国企業組合」の協力で、通りの一部には千五百本の竹のケースに入れたろうそくも並んだ。

 二〇一二年から続くイベントで、常葉大浜松キャンパスなど地元学生でつくる「3・11はままつ東北復光プロジェクト」が主催した。

 名古屋・栄では、被災地を支援するNPOなどが追悼式を開いた。地震発生時刻が近づくと、約五百人が被災地のある北東を向いた献花台に花を手向け、黙とうをささげた。呼び掛けに応じたボランティアがキャンドル約一万個に灯をともし、犠牲者をしのんだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索