トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

全国9地域からも自慢の味 静岡おでん祭始まる

来場者におでんを渡す文田盛煥さん(左)=静岡市葵区で

写真

 全国のおでんが集まる「静岡(しぞーか)おでん祭2019」が八日、静岡市役所前の青葉シンボルロードで始まった。十日まで。

 昨年は約二十万人が来場した恒例行事。黒いスープで黒はんぺんなどの具材が串に刺さっているのが特徴的な静岡おでんは、二十二店が出店した。このうち初参加の焼き肉店「文田商店」(同市駿河区)の店長、文田盛煥さん(25)は「タンのおでんは他にはないはず。肉々しさを楽しんで」と話した。

 岩手県陸前高田市の「猟師のおでん」や、しょうゆベースのネギだれをかける長野市の「信州ねぎだれおでん」など、全国からも九地域が参加した。

 会社の同僚たちと訪れた富士宮市の会社員芦沢優美さん(39)は「昨年も来てこれで二回目。お店もたくさんあるので、食べ比べを楽しみたい」と話した。

 九日は午前十時〜午後九時、最終日の十日は午前十時〜午後六時。(問)実行委=070(4170)0711

(谷口武)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索