トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

未来を選ぶ 私の一票 横須賀高生が模擬投票

模擬投票する2年生ら=掛川市の横須賀高で

写真

 四月の統一地方選挙を控え、掛川市選挙管理委員会による出前授業が二十二日、同市横須賀の横須賀高校であった。二年生百三十二人が、選挙の仕組みや生活と政治のつながりを学んだり、候補者役の教諭の公約を聞いて模擬投票したりした。

 衆院選で二十歳代の投票率が六十歳代の三分の一にとどまっていることを選管職員が紹介。「十八歳選挙権は、政治に若者の意見を反映させるための政策」と述べた。子ども医療費の自己負担額が近隣市で異なることを例に、生活と政治のかかわりについて、クイズを盛り込んで説明した。

 模擬投票は、三人の教諭が雇用や教育、税制についてマニフェスト(政権公約)を披露。クラスの代表二十人が、実際に使用している記帳台で名前を記入し、投票箱に投票した。生徒会長の山本有紀さん(17)は「政治家も投票率が高い高齢者の意見を反映しやすい。幅広い年代が投票することが大事と分かった」と話した。

 選管は市内四高校の一、二年生を対象に県議会議員選挙(四月七日)で、投票所の受け付けや案内、投票用紙交付などをする事務従事者を募集している。(問)同事務所=0537(21)1133

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索