トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

一足早い春景色 ラナンキュラスが出荷最盛期

女性に人気のピンク色の花などがハウス内で咲き誇るラナンキュラス=浜松市西区西鴨江町で

写真

 春の花としてかれんな花びらが人気のラナンキュラスが市内で出荷の最盛期を迎えている。浜松市西区西鴨江町で六年ほど前から本格的に生産を始めた藤谷農園では、八重に咲いたピンク色の大輪などがハウス一面に咲き、一足早い春景色が広がっている。

 ラナンキュラスは西アジア、ヨーロッパ原産のキンポウゲ科の花。「カエルの足」と言うラテン語から名前がついたといわれる。「とても魅力的・華やかな魅力」の花言葉がぴったりのあでやかさで、贈り物やブーケなどに使われる。

 同園で作業をしていた藤谷恵梨(えり)さん(42)は「秋の台風と暑さで植える時の温度管理が大変だった。水をきれいにしていれば二週間近く咲いてくれる」と話していた。出荷は三月末まで続く。

(山田英二)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索