トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

陸上自衛隊東富士演習場で野焼き

◆死亡事故 無罪確定後初の実施

富士山を望む東富士演習場の広大な敷地を一気に燃やしていく野焼き作業=16日、裾野市で

写真

 二〇一〇年に野焼き中の作業員三人が焼死した陸上自衛隊東富士演習場(御殿場市、裾野市、小山町)で十六日、野焼きの作業があった。事故で業務上過失致死罪に問われた実施団体「東富士入会組合」の元組合長と前事務局長を逆転無罪とした控訴審判決が確定して以後、初の実施となった。

 野焼きは枯れ草を燃やして害虫や雑草を駆除する目的で、同演習場ではこの時期に毎年行う。事故の翌年は中止したが、安全対策を強化して一二年から再開した。炎を避ける幅二十メートルの「防火帯」を背に着火することを作業員に徹底するほか、当日は風速や湿度を三十分ごとに測り、炎が激しく燃えないよう警戒している。

 今年は東富士入会組合と陸自の計九百九十三人が作業に当たった。約二千七百四十五ヘクタールを焼き、無事終了した。林健治組合長(70)は「事故が二度と起きないよう安全第一でやっていく」と語った。

(杉原雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索