トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

大知波桜 ライトアップで幻想的に 湖西

闇夜に浮かび上がる大知波桜=湖西市大知波で

写真

 湖西市大知波(おおちば)の大神山八幡宮境内に咲く大知波桜が見頃を迎えた。夜間はライトアップされた幻想的な姿が訪れた人を楽しませている。

 大知波桜は早咲きのカンザクラの一種で樹齢は約五十年。今年は、桜を管理する市民団体「大知波桜を守る会」が市の補助金を使ってライトを新調した。発光ダイオード(LED)ライト四基に照らされ、枝いっぱいに咲く薄ピンクの花が闇夜に浮かび上がる光景を見られる。九日は守る会が境内でお花見会を開き、住民らが集まって八分咲きになった花を楽しんだ。同会によると、二月の受験期に開花するため、縁起が良いと見物客が年々増えているという。会長の寺脇精二さん(69)は「パワースポットとしてもっと人気が出るとうれしい。地域の宝として桜を守っていきたい」と話した。点灯は午後五時半〜十時で、見頃を終える十七日ごろまで。

(片山さゆみ)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索