トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

ヤマハ発・清宮監督ラストゲーム 逆転勝利

試合後に全員で記念写真に納まる清宮克幸監督(手前中央)らヤマハ発動機の選手たち=熊谷ラグビー場で

写真

 ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機は十九日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたカップ戦総合順位決定トーナメントの十一位決定戦で、豊田自動織機に35−31で逆転勝ちし、この試合を最後に退任する清宮克幸監督のラストゲームを勝利で飾った。

 清宮監督や引退選手を勝利で送り出したいという思いが、逆転勝ちを呼び込んだ。前半17点差をつけられても慌てることなく、後半は攻守で豊田自動織機を圧倒した。

 十五年目のプロップ仲谷聖史選手や、八年目のセンター宮沢正利選手ら今季限りで引退する選手が先発に起用され、それぞれ持ち味を発揮した。宮沢選手は豊富な運動量と激しいディフェンスで貢献。前半25分にはトライも奪った。仲谷選手は強いスクラムとタックルで存在感を発揮して80分フル出場し、「すべてを出し尽くした。悔いはない」と、充実したラグビー人生に満足げな笑顔を見せた。

ボールを追うヤマハ発動機の宮沢正利選手(手前)=熊谷ラグビー場で

写真

 清宮監督は、選手を集めた円陣で「最後は笑顔で終われてよかった。ナイスゲーム」と選手に声を掛け、指揮を執った八季にちなんで八回胴上げされた。引退する各選手も胴上げで祝福された。

 ヤマハ発動機の柳弘之会長は「チームをここまで仕上げてくれた清宮監督には感謝している。今後もチームの強化を手伝ってもらおうと思う」と話した。

(高柳義久)

 ▽11位決定戦

ヤマハ発動機 35−31 豊田自動織機

(14−31・21−0)

 ▽得点者【ヤ】T=ファンデンヴォルト、宮沢、ラブスカフニ、タヒトゥア、石塚 G=ラブスカフニ5【豊】T=キムリン、ヴァカ、ヒッキー、ネヴィル G=ヒッキー4 P=ヒッキー

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索