トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

「亥」の地上絵 浜名湖ガーデンパークに登場

芝生広場に登場したイノシシの地上絵=浜松市西区の浜名湖ガーデンパークで

写真

 今年の干支(えと)「亥(いのしし)」を描いた巨大な地上絵が、浜松市西区の浜名湖ガーデンパークの中央芝生広場に登場し、話題を呼んでいる。

 昨年の「戌(いぬ)」に続いて、三回目の公開となる。今年は愛らしい表情のイノシシの親子をイメージして、縦二十三メートル、横五十メートルの色鮮やかな大作となった。職員が手分けして、デザインから制作までを担当し、芝生用の染料を使って一週間ほどで仕上げた。

 広場に隣接する展望塔(高さ五十メートル)の上から見下ろすことができ、その壮観な眺めに来園者から歓声が上がっていた。

 家族で訪れた袋井市の主婦鈴木幸子さん(66)は「イノシシの親子がかわいいです。癒やされますね」と笑顔で見入っていた。この地上絵は、天候が良ければ二月末ごろまで楽しめるという。

(袴田貴資)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索