トップ > 静岡 > 浜松まつり > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

浜松まつり

負けるか 糸切り熱く まつり2日目

何本もの凧糸を絡ませ掛け声とともに糸を引く若衆ら=4日、浜松市南区の凧揚げ会場で(斉藤直純撮影)

写真

 風がびゅうびゅうと吹く遠州灘の凧揚(たこあ)げ会場(浜松市南区)で、子どもの成長を願う浜松まつりが四日、二日目を迎えた。各町の意地を懸けた大迫力の「糸切り合戦」が始まった。

 太陽で温められた体の熱を、風が冷ますように吹きすさぶ。「オイショ」の掛け声とともに、まつり衆は大凧を操ろうと必死で糸にしがみつき、合戦に臨んだ。

 夕暮れを迎えた市中心部では、豪華な御殿屋台がおはやしを奏でながら行き交い、見物客を楽しませた。

 まつり組織委によると、四日は凧揚げ会場に二十三万人、御殿屋台の引き回しに二十六万人、関連の催しに十万九千人の計五十九万九千人の人出があった。市南部では明け方から強風波浪注意報が発令された。まつりは五日、最終日を迎える。

(相沢紀衣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索