トップ > 静岡 > 浜松まつり > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

浜松まつり

暴力追放の指導徹底を 中区で組織委員長訴え

 五月三〜五日に開かれる浜松まつりの組織委員会総会が十二日夜、浜松市中区のえんてつホールであった。昨年のまつりで暴力行為があったことを受け、暴力追放へ決意を新たにした。

 暴力行為で一年間の参加停止処分を受けた北寺島町(中区)を除き、まつりに参加する百七十三町の自治会長と組長の計約四百人が出席した。広野篤男委員長は暴力行為に触れ、「関係者に多大な影響を与え、誠に遺憾。責任ある言動をし、二度とこのようなことのないよう指導を徹底してほしい」と訴えた。

 今年は、まつり初日の慣例行事だった吹奏楽パレードを取りやめ、新たに音楽フェスを実施する。パレードコースの鍛冶町通りと広小路通りの車道上にジャズ、ダンス、吹奏楽の三カ所のステージを設け、会場を盛り上げる。

 昨年に続き、小型無人機「ドローン」の飛行や、凧(たこ)揚げ会場内の喫煙も禁止する。

(飯田樹与)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索