トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

自転車の乗り方正しく 静岡農業高校 

一部の生徒に体験してもらいながら自転車の正しい乗り方を学んだ講習会=静岡市葵区で

写真

 全校生徒の八割以上が自転車で通学する。新年度を迎えて交通安全意識を高めてもらおうと、正しい乗り方を学ぶ講習会があった。

 静岡中央署員と県交通安全協会静岡中央地区支部の指導員が講師を務めた。一年生は運動場に、二年生以上は体育館に分かれて参加した。

 運動場には、石灰で引かれた横断歩道や自転車専用レーンなどが登場。一部の生徒が実際に自転車に乗ったり、歩行者役になったりして事故が起きやすい状況を確認した。

 車道だけでなく、自転車の走行が許可されている歩道での危険も体験。三人の生徒が同じ方向を見ながら立ち、自転車に乗った別の生徒が後方からそばをすり抜けると、三人は「いきなり来る感じで怖かった」と口をそろえた。指導員の寺尾京子さんは「ぶつかれば賠償責任が生じる場合もある。通りにくい場合は降りて歩きましょう」と呼び掛けた。

 体育館では、自転車シミュレーターを使って安全な乗り方を学習。生徒二人と教員一人が体験し、その様子を大型画面に投影しながら、全員で交差点や横断歩道などでの走行の理解を深めた。

 五十分かけて自転車通学する一年湯本夏穂さん(15)は「三年間安全に過ごしたいので、気を引き締めて乗ろうと思った」と話した。 

(山田雄之)

【静岡農業高校】

竹川暢昭校長

生徒数731人

静岡市葵区古庄3の1の1

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索