トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

高速PA ホタルの里に 藤枝市葉梨西北小学校

あいにくの雨の中、育てたホタルの幼虫を放流する児童たち=藤枝市花倉で

写真

 学校のそばを流れる川では初夏、ホタルが乱舞する。その光景を大切に守る地元の「白ふじホタルの会」の呼び掛けで、新東名高速道路が開通した二年前から毎年、近くにできた藤枝パーキングエリアを「ホタルでいっぱいにしよう」と五年生が活動している。

 今月上旬、一般道からも入ることができるパーキングエリア内の小川に育てたホタルの幼虫を放流した。あいにくの雨で足元は滑りやすかったが、ホタルの会や中日本高速道路の飼育分を含め七百匹を放った。

 各学年一クラスずつの小規模校。中でも今年の五年生は一番少ない十一人。昨年九月に幼虫の飼育を始め、毎朝と放課後にエサのカワニナ、カワニナのエサのキャベツを水槽に入れて成長を見守ってきた。

 天敵のヒルが増えてしまったことも。葦野(あしの)光君は「ヒルにかまれたこともあった。放流できて達成感がある」と満足そう。遠藤夢実さんも「交代で世話してきた。ホタルが飛ぶのを見たい」と心待ちにする。

 白ふじホタルの会の海野一博会長(59)は「七年くらい前から学校近くにホタルが増えてきて活動を始めた。一帯をホタルの里にしたい」と話す。ホタルが飛び始める五月下旬〜六月、パーキングエリアでは観賞会などのイベントが予定されている。 

(神谷円香)

【藤枝市葉梨西北小学校】

牧田伸明校長

児童88人

藤枝市北方1080

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索