トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

30メートルのり巻きに挑戦 島田市六合小学校

協力してロングのり巻き作りに挑戦する5年生ら=島田市六合小学校で

写真

 五年生八十二人が稲作体験で育てたお米を使い、JA大井川女性部島田ブロックのメンバーや保護者らとともに、長さ約三十メートルののり巻き作りに挑戦した。焼きのりの上に酢飯を敷き詰め、具材を乗せた後、合図で一斉に巻いて完成させた。児童らは出来上がったロングのり巻きを誇らしげに頭上に掲げ、「やったー」と満面の笑みを見せた。

 五年生は学校近くの田んぼを借り、総合学習の授業で米作りを体験。JA女性部員らの指導で田植えや除草などに汗を流した。九月下旬には黄金色に実った稲穂を刈り取り、約百八十キロを収穫した。

 のり巻きは収穫を祝う会で作り、米二十五キロを酢飯にしたほか、焼きのり二百六十枚、ニンジン六十本、キュウリ四十五本、かんぴょう、たくあんなどの具材を用意した。

 エプロンにマスク姿の児童らは、体育館に集合。一列に並べた机に沿って立ち、のり巻き作りに励んだ。出来上がったのり巻きはその場で切り分け、かぶりついた。

 児童らは「みんなで協力して上手にできた」「巻く時は崩れそうで大変だった」「力を合わせて作ったのり巻きはおいしい」などと作業を振り返りながら味わった。

 学年主任の諸田浩二教諭は「米作りを通して、食に対する関心や理解が深まった。女性部員らとの触れ合いの中で、子どもたちも地域の支えを感じたようです」と話していた。

(土屋祐二)

【島田市六合小学校】

鈴木敏之校長

児童527人

島田市道悦5の13の1

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索