トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

修学旅行で地元PRへ 藤枝市岡部小学校

写真やイラストを使い、地元を紹介するパンフレットを仕上げる児童たち=藤枝市岡部小学校で

写真

 地元産のお茶「藤枝めぐみ」の茶葉を添え、藤枝市や県を紹介するパンフレット。三十一日から一泊二日で東京へ修学旅行に行く六年生九十人がそれぞれ、現地で出会う人に手渡すために手作りした労作だ。

 藤枝めぐみは、市内の荒茶工場が作った地元生まれの煎茶。全国茶品評会で入賞している。地場産品を紹介し県外の人と交流してもらおうと、市茶商工業協同組合が茶葉八グラム入りの五百袋を学校へ贈った。

 修学旅行は旅先のことを学ぶだけでなく、自分たちの地域も知ってもらう格好の機会。児童たちはお茶、富士山、三保松原、サッカーなど宣伝したい事柄を調べ、イラストや写真も交えてA4判の用紙を埋めていった。一人二部ずつ、茶葉とともに訪問先で配る。

 山下左近君は集めた富士山の写真を貼り、県の歴史や出身の有名人なども載せた。「浅草で配りたい」と意気込み、藤枝めぐみの情報も詳しく書いて丁寧に仕上げた。平垣結衣さんは、インターネットなどでお茶の成分や効用を調べ「カテキンやビタミンも豊富」とPRした。

 茶葉のパッケージには、岡部小の連絡先と紹介文を校長が英語を併記して書いた。児童たちは外国語活動で学ぶ英語を使い、外国人への配布にも挑戦するつもりだ。

(神谷円香)

【藤枝市岡部小学校】

鈴木季彦校長

児童462人

藤枝市岡部町内谷997の2

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索