トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

プロのPK 速さを計算 静岡市新通小学校

藤田選手(右)のシュートの速さを計算し、答え合わせする児童=静岡市葵区の新通小で

写真

 サッカーJ1清水エスパルスの選手が弾丸シュートを放ち、児童がボールの速さを計算する。楽しい算数の授業に六年生四十三人が取り組んだ。

 エスパルスと静岡市、静岡大教育学部の教員らが連携して開いている「ドリーム教室」の一環。藤枝東高、慶大出身のミッドフィールダーで、今季加入した藤田息吹選手(22)が体育館に現れると、児童が拍手で出迎えた。

 体育館につくったサッカーゴール目がけて、藤田選手がシュート。目にも止まらぬ速さでボールがゴールに突き刺さると、児童たちから驚きのどよめきが上がった。静岡大生のスタッフがスピードガンで速度を測ると、秒速二十六メートル(時速九十四キロ)と表示された。

 ペナルティーキック(PK)は、ボールからゴールまで十一メートル。児童はキーパーがPKを止めるために何秒の余裕があるか、距離と速度をもとに計算。小数の割り算に苦労しながら正解の〇・四二秒を導きだし、藤田選手に駆け寄って答え合わせをした。藪崎好秋君(11)は「計算してみて、速さにびっくりした」と目を丸くした。

 児童からの質問に「学生までは勉強とスポーツの両立に苦労した。今はエスパルスで一日も早く活躍したい」と答えた藤田選手。小林由佳さん(11)は「プロの選手に会えて、うれしい。今度は試合も見たいな」と笑顔だった。

(今井智文)

【静岡市新通小学校】

石井嘉一校長

児童274人

静岡市葵区駒形通2の4の47

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索