トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

卒業前に学校周辺の水路を清掃 島田市六合中学校

学校周辺の水路の川ざらいに取り組む3年生=島田市道悦2で

写真

 卒業を間近に控えた三年生約百三十人による奉仕作業「川ざらい」が十一日、学校周辺の水路で行われた。生徒らは三年間通った学校や地域の人たちへの感謝の気持ちを込めて作業し、水路をきれいにした。

 二〇一〇年度から年度末に行っている地域貢献活動。市すぐやる課職員が事前に水路の水を抜いたり、泥を詰めた土のう袋をトラックで運搬したり、生徒の活動をサポートした。

 運動着に長靴姿の生徒らは学校の東、南、北側を流れる水路の決められた場所に分かれ、作業を開始。落ち葉が交じった泥をスコップなどですくい出したり、水路の中の空き缶、ペットボトルなどのごみを丹念に拾い集めたり、協力して取り組んだ。

 生徒らは泥はねで運動着を汚しながら奮闘。三時間ほどかけ、土のう袋約四百袋分をさらった。伊藤隼太君(15)は「川ざらいは初めて。大変だったが卒業前の良い思い出になった」と笑顔。春沢あかりさん(15)は「お世話になった学校や近所の人たちに感謝の気持ちが伝われば」と話した。

 学年主任の青島誠教諭は「地元の水路をきれいにすることで、ふるさとへの愛着も深まる」と期待。押尾宏校長は「学校を支えていただいた地域の皆さんに少しでもお返しができたら。六合中の伝統行事として継続していきたい」と話している。

(土屋祐二)

【島田市六合中学校】

押尾宏校長

生徒402人

島田市道悦2の25の1

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索