トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

海外学生と歌や踊りで交流 静岡高校

交流会で自己紹介をし合う生徒ら=静岡市葵区で

写真

 海外の学生に日本や静岡の文化を知ってもらうため、県内の高校で交流プログラムが行われている。二月十九日、台湾の国立武陵高級中学の生徒三十八人が静岡高を訪れた。

 体育館で行われた歓迎セレモニーには、静岡高の一、二年生六百四十人が参加。まず、台湾の生徒が壇上で歌声を披露した。上海万博の台湾館で流れたテーマソング「心跳声(心が躍る声)」をしっとりと歌い上げると、今度は日本のポップス「世界にひとつだけの花」を合唱。流ちょうな日本語の歌声に、会場から手拍子が自然と起こった。台湾の若者に流行しているヒップホップ風のダンスも披露した。

 静岡高はお返しに空手部員が技を披露。木の板を足や素手で割ると、台湾の生徒から歓声が上がった。

 台湾へ修学旅行に行った二年生三十九人との交流会もあった。八人前後のグループに分かれ、昼食を取りながらそれぞれが自己紹介。双方の生徒は、英語や日本語を織り交ぜながら自分の名前の意味を説明したり、自分たちの文化を紹介したりしていた。

 武陵高級中の湯梓釣(タンツーチュン)さん(17)は「生徒の空手が格好良くて、すてきだった」。静岡高二年の福田大輝さん(17)は「台湾の学生はみんな気さく。もっと友好を深めたい」と話した。

 (天田優里)

【静岡高校】

水元敏夫校長

全日制生徒数980人

静岡市葵区長谷町66

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索