トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

きれいに“変身” 喜び感じ 静岡北特別支援学校

バックネットにペンキを塗っていく生徒=静岡市葵区で

写真

 さびや汚れが目立つバックネットや手洗い場など、古くなった設備をピカピカによみがえらせたい−。そんな願いを込めて、十五〜十八歳までの高等部の十人がペンキ塗りに励んでいる。

 今年で開校三十九年目。目に付くところにサビなどができて困っていたため、作業学習の時間を利用して今年から取り組み始めた。バックネットは緑、倉庫は水色、手洗い場を青色に塗ることにした。

 生徒たちは九月にペンキ塗りの職人を招いて講習を受け、素材によって塗り方が異なることを教わった。コンクリートは一回塗りでいいが、鉄はさびを落とした後、三回は塗り直した方がいいとコツを伝授された。

 実際に挑戦してみると、ハプニングも。色むらができたり、他の場所に手の跡が付いてしまったり。それでも生徒たちは真剣な表情で施設が傷つかないよう、丁寧に作業に励んだ。汚れていた施設が美しく生まれ変わる様子を見る度に、喜びを感じているようだった。

 他学年の生徒も、ペンキ塗りの活動を見守った。作業中に「きれいにしてくれて、ありがとう」とお礼を言われた生徒もいた。今後もペンキ塗りは続けていく予定。

 大石雅之教頭(54)は「ペンキ塗りの活動を通じて、働く意欲を高めてほしい」と話していた。

(天田優里)

【静岡北特別支援学校】

横山孝子校長

生徒数314人

静岡市葵区漆山796番地

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索