トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

「畑の先生」から手ほどき受ける 島田市島田第三小学校

地域の人たちと一緒に栽培したトウモロコシやミニトマトなどを味わう2年生=島田市島田第三小学校で

写真

 赤く色づいたミニトマト、シャキシャキの食感のキュウリ、水気たっぷりのスイカ…。新鮮な野菜や果物が、収穫パーティーのテーブルに並ぶ。二年生三十六人が生活科の授業で、地域住民の手ほどきを受けながら栽培した農作物。子どもたちの笑顔が広がった。

 学校農園を利用した農作物作りには、地区社会福祉協議会が橋渡し役となり、農家を含めた高齢者二十人ほどが参加。畝作りや苗植えなど一連の農作業をサポートした。一年生のアサガオの植え付けや、校舎へのグリーンカーテン設置などにも汗を流し、児童から「畑の先生」と親しまれている。

 学校で開かれた収穫パーティーでは、畑の先生や地区社協役員らを招いて交流。二年生は一緒に野菜などを収穫した後、高齢者らに手伝ってもらい、包丁でキュウリを切ったり、トウモロコシを鍋でゆでたり、和気あいあいと調理に励んだ。

 児童代表が「育て方を教えてくれてありがとうございます」とお礼の言葉を述べた後、感謝の気持ちを込めて歌をプレゼント。調理した野菜は、ドレッシングやみそを付け、会話を弾ませながらみんなで味わった。

 大関裕巳教頭は「地域の協力はありがたい。普段からあいさつを交わすなど、子どもたちも地域の一員としての意識が高まってきたようです」と話していた。

(土屋祐二)

【島田市島田第三小学校】

暮林邦和校長

児童313人

島田市南1の10の1

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索