トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

優しい旋律 児童らへエール 静岡視覚特別支援学校

子どもたちの前でコントラバスを演奏する稲木さん(右)=静岡市葵区で

写真

 体育館がコンサート会場になった。コントラバスの優しい音から生まれる癒やしのメロディー。耳から入ってくる音楽を全身で表現しようと、体を揺らす子どもも。会場に響く旋律は観客の心をとらえて放さなかった。

 コントラバスのプロ奏者稲木良光さん(38)=静岡市=らが企画し、ピアノやバイオリン奏者とともに来校した。「星に願いを」「となりのトトロ」など、子どもになじみのある曲を披露。メロディーに合わせて自然と手拍子が起こる。軽快な「チャルダッシュ」も演奏し魅了した。

 二本のコントラバスの弓を比べるクイズコーナーもあった。一本はドイツ製の百万円の弓で、もう一本は中国製の一万円の弓。それぞれを使い「ぞうさん」を演奏。子どもたちは「同じように聞こえる」「一回目の演奏のほうが響いている」と感想を漏らし、耳をそば立てる。結局、一回目が百万円の弓で、正解した子どもから歓声が上がった。

 一通り演奏した後、稲木さん自身も視覚に障害があることを告白。「目が不自由でもプロの演奏家という道を続けていきたい。みんなも夢をあきらめないで、いろんな職業に就いてほしい」

 人生の先輩から子どもたちへのエール。太田祐子副校長は「子どもたちは同じ障害がある人が頑張っている姿を知って、目標ができたと思う」と話した。

(天田優里)

【静岡視覚特別支援学校】

粕谷泰以校長

生徒数19人

静岡市駿河区曲金6の1の5

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索