トップ > 静岡 > 静岡けいざい > 特集 > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡経済 特集

けいざい夏期講習(1) キャッシュレス決済<上>

 経済ニュースでよく目にする用語や話題を、本紙キャラクター「ふーちゃん」「うな博士」と一緒に勉強しましょう。

写真

◆キャッシュレスって、なーに? 

 ふーちゃん 「キャッシュレス決済」ってよく聞くけど、何のこと?

◆クレジットカードは身近だね

 うな博士 現金(キャッシュ)を使わずに支払いをすることだよ。身近なのは「クレジットカード」だね。買い物の時にカードを読み取ってもらうけど、お金は後で口座から引き落とされるでしょ? スマートフォンやカードをかざす「電子マネー」もそう。こちらは、専用の機械や口座から入金(チャージ)する前払い方式と、事前に登録したクレジットカードで支払う後払い方式があるよ。

 ふー 他にもある?

 博士 スマホのアプリとQRコードを使う「QRコード決済」がある。「スマホ決済」とも呼ばれ、「○○ペイ」っていうサービス名が多いね。利用者がお店のQRコードを読み取る方式と、利用者のQRコードをお店が読み取る方式があるよ。

 ふー ペイペイ、楽天ペイ、LINE(ライン)ペイ、Origami(オリガミ)ペイ…。とても覚えきれないよ。

 博士 乱立状態だね。事業者は便利さを提供する一方で、消費者がいつ、どこで、何を買ったかが分かるデータが手に入る。それを効果的な広告や新しい商品に役立てるのが狙いだ。クレジットカードや電子マネーと違って、QR決済は専用の決済端末が要らない場合が多く、お店も導入しやすいんだ。

 ふー 国もキャッシュレス決済を進めたいんだってね。

 博士 いくつか理由はあるけど、来年の東京五輪を見に来る外国人観光客にお金をたくさん使ってもらうのが一つだ。実は、海外の方がキャッシュレス決済は進んでいて、韓国では九割以上、英国や中国も六割以上を占めている。日本はまだ二割で、国は二〇二五年までに四割に引き上げたい考えだ。

 ふー 県内の動きは?

 博士 信用金庫がオリガミペイと連携して、決済代金を信金の口座から引き落とせるようにしたり、お店にオリガミペイの導入を勧めたりしている。三島市ではラインペイで市税を納められるよ。

 ふー キャッシュレス決済に問題点はないの?

 博士 クレジットカードや電子マネーは、紛失したら他人に使われる恐れがあるね。QR決済でも不正利用は起きていて、セブン&アイ・ホールディングスが七月に始めたばかりの「セブンペイ」がすぐに終了決定に追い込まれた。

 ふー 何があったの?

 博士 何者かが不正な方法でIDとパスワードを手に入れて、利用者本人に成り済ましたんだ。セブン−イレブンで加熱式たばこを大量に購入していて、転売目的だったようだよ。利用者の本人確認の時にIDやパスワードに加えて、スマホに送られてくる数字などを入力する「二段階認証」の仕組みがなかったことが、不正を許した原因とされているね。大切なお金をやりとりするんだから、セキュリティー対策は万全にしてほしいな。

 

写真

 ふーちゃん 富士山から生まれた精霊の女の子。天女の羽衣でいろんな所に飛んでいくことができる。好奇心旺盛。

 うな博士 浜松の歴史に詳しい博士。最近の経済の知識も豊富。お祭り好きで、頭にラッパをのせている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索