トップ > 静岡 > AIする未来 〜人工知能がつくる新聞〜 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

AIする未来 〜人工知能がつくる新聞〜

「AI対整理記者見出し100本対決」全問と結果 政治

(1) 韓国政府府は二十一日、慰安婦問題を巡る日韓合意に基づいて設立した「和解・癒やし財団」を解散すると発表した。合意履行を求める日本政府は、安倍晋三首相が「日本は約束を誠実に履行してきた。韓国には責任ある対応を望みたい」と、厳重に抗議する意向を表明。河野太郎外相も「到底受け入れられない」と合意の履行を求めた。

新AI<2>慰安婦問題 財団に抗議

記 者<1>慰安婦財団 解散を発表 

旧AI<3>癒やし外の責任発表

(2) 外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を巡り、法務省は十六日の衆院法務委員会理事懇談会で、失踪した外国人技能実習生に関する調査結果を発表し、事前に説明した数値に誤りがあったとして訂正した。当初の説明に比べ、失踪の原因として受け入れ先の指導の厳しさや暴力を挙げる回答が増え、劣悪な労働環境が浮き彫りとなった。同日予定された実質審議入りは見送られた。

新AI<3>技能実習生 労働者入り

記 者<1>入管法調査 数字に誤り 

旧AI<2>法務指導法「誤り」         

(3) 来年春の統一地方選で行われる浜松市長選に、現職の鈴木康友市長が四選を目指して立候補する意向を固めた。市議会最大会派の自民党浜松に所属する山本遼太郎市議も十六日、本紙の取材に自民系候補として立候補する意向を明らかにした。行政区再編を目指す鈴木氏と、再編に慎重な自民が激突する選挙戦となりそうだ。

新AI<1>鈴木氏4選へ立候補      

記 者<2>鈴木浜松市長 出馬へ    

旧AI<3>浜松市長選 選挙戦へ    

(4) 静岡、山梨両県などでつくる「富士山世界文化遺産協議会」の事務局は九日、五年前から任意で募っている保全協力金(入山料)の対象を、山頂を目指す登山者から、眺望が主な目当てである五合目の観光客まで広げるよう提案した。登山者は年二十三万〜二十八万人ほどだが、観光客は数百万人に上る。観光面への影響は必至で、提案通りに決定するかは不透明だ。

新AI<2>協議会5合目の提案

記 者<1>富士山入山料5合目に拡大

旧AI<3>世界遺産目指す       

(5) 米中間選挙は六日投開票され、「米国第一」を掲げるトランプ米政権と共和党は上院で多数派を確保した一方、下院は過半数割れとなり、民主党に敗北した。民主党は八年ぶりに下院を奪還し、上院と下院の多数派が異なる「ねじれ議会」が復活する。政策実現には民主党の協力が不可欠となり、トランプ氏は内外の政策運営で難しいかじ取りを迫られる。

新AI<2>トランプ氏 敗北

記 者<1>米共和党 下院で敗北

旧AI<3>ねじれ投開票               

(6) トランプ米政権は五日、イラン産原油、金融部門などを標的とする第二弾の経済制裁に踏み切った。トランプ大統領は、イランの財政を支える原油輸出を遮断し、孤立させることで、ウラン濃縮の完全停止やミサイル開発の制限も含めた新たな合意を提案するが、イランは拒否。イランが核開発を大きく制限し、米欧が制裁を解除した二〇一五年の核合意の根幹が崩壊する。

新AI<2>米政権 制裁強化提案へ

記 者<1>対イラン制裁第2弾発動

旧AI<3>イラン産原油輸出         

(7) 日米 政府 作戦 法施行日に軍拡 日米両政府が二〇一五年改定の日米防衛協力指針(ガイドライン)に基づき、自衛隊と米軍による初の対中国共同作戦計画の策定作業を進めていることが分かった。沖縄県・尖閣諸島での有事を想定し、来年三月までの取りまとめを目指すが、計画内容に関する調整が難航する可能性もある。複数の政府関係者が明らかにした。一六年三月に施行した安全保障関連法の新任務も盛り込むとみられる。軍拡を続ける中国に対抗し、一体化を加速させる日米の実態が一層鮮明になった。

新AI<2>日米政府 作戦

記 者<3>※記入漏れのため、最下位判定

旧AI<1>法施行日に軍拡

(8) 浜松市は、二〇一八年度一般会計に約四十一億二千七百万円を追加する十一月補正予算案の概要をまとめた。エアコンが普通教室にない市内の小中学校のうち、前倒しで四十五校に設置する事業費として二十四億六千万円を盛り込む。十六日に開会予定の市議会十一月定例会に提出する。

新AI<2>エアコン補正予算案

記 者<1>エアコン前倒し24億円超

旧AI<3>小会に一般会計法制案

(9) 日本の植民地時代に強制労働させられたとして元徴用工の韓国人ら四人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国大法院(最高裁)は三十日、同社の上告を棄却し、一人当たり一億ウォン(約一千万円)を支払うよう命じた二〇一三年のソウル高裁判決が確定した。日本企業に賠償を命じる判決が確定したのは初めてで、日韓関係は新たな火種を抱え込んだ。

新AI<2>元徴用工の賠償確定

記 者<1>元徴用工 新日鉄に賠償命令

旧AI<3>大一人製鉄で上告

(10) 安倍晋三首相は二十六日、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席と北京の釣魚台迎賓館で会談した。両首脳は日中関係を「新たな時代」へと発展させるため「競争から協調へ」など三つの新原則を確認した。首相は習氏に来年の訪日を要請し、習氏は「真剣に検討する」と応じた。

新AI<2>安部晋三首相 習近平と会談

記 者<1>日中「競争から協調へ」確認

旧AI<3>時代中首脳会談 習近平

(11) 内戦下のシリアで行方不明になり、解放されトルコに出国したフリージャーナリスト安田純平さん=埼玉県入間市出身=について、河野太郎外相は二十四日、在トルコ日本大使館員がシリア国境に近いトルコ南部アンタキヤの入管施設で、安田さん本人と確認したと記者団に明らかにした。行方不明から約三年四カ月ぶりの解放となった。

新AI<2>ジャーナリストの安田さん解放

記 者<1>安田さん解放確認

旧AI<3>トルコ行方外施設内線

(12) 安倍晋三首相は十五日の臨時閣議で、消費税率を予定通り二〇一九年十月に10%へ引き上げる方針を正式表明した。首相は政権が掲げる「全世代型社会保障改革」と財政健全化を両立させると強調。増税後の消費低迷を和らげる景気対策を講じるよう、関係閣僚に指示した。実施一年前の明言は、三度目延期の観測を打ち消すとともに、税率8%への引き上げで消費の落ち込みが長引いた反省から、景気対策に時間をかける狙いがある。

新AI<2>臨時閣議 2019年 10%実施

記 者<1>首相 消費増税10%表明

旧AI<3>消費増税 引き上げ

(13) 第四次安倍改造内閣は二日午後、皇居での認証式を経て発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、憲法改正について「自民党がリーダーシップを取り、次の国会に改正案を提出すべきだ」と秋の臨時国会への改憲案提出に意欲を示した。自民党役員人事では、いずれも側近の加藤勝信、下村博文両氏を総務会長、憲法改正推進本部長にそれぞれ起用し、改憲論議を加速させる態勢を敷いた。

新AI<1>安倍改造内閣が発足

記 者<2>首相 秋国会で「改憲案提出」

旧AI<3>憲法改正国会本部

(14) 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う知事選が三十日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する前衆院議員玉城(たまき)デニー氏が、移設を推進する安倍政権が支援した前宜野湾市長佐喜真(さきま)淳氏=自民、公明、維新、希望推薦=ら三人を破り、初当選した。翁長氏に続く反対派知事の誕生により、政府の移設スケジュールに影響が出るのは必至で、政権への大きな打撃となった。

新AI<2>沖縄知事に初当選

記 者<1>玉城氏沖縄知事当選

旧AI<3>「翁長ま」反対

(15) トランプ米大統領は二十四日朝(日本時間同日深夜)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との再会談について「ごく近いうちに開かれると思う。非常に順調に進んでいる」と話し、前向きな意向を示した。国連本部で記者団に述べた。

新AI<2>トランプ 金正恩に意向

記 者<1>北朝鮮と再会談「近いうちに」

旧AI<3>長本部 意向ついた

(16) ふるさと納税制度に関し、野田聖子総務相は十一日の記者会見で、抜本的に見直す方針を正式表明した。一部自治体が高額な返礼品を呼び水にして多くの寄付を集めることを規制するため、返礼品は地場産品に限り、調達費を寄付額の30%以下にするよう法制化。違反した自治体は制度から除外し、寄付しても税の優遇措置を受けられなくなる仕組みを導入する。

新AI<2>総務省 地場以下で方針

記 者<1>ふるさと納税 見直し表明

旧AI<3>体が多く制度導入

(17) 浜松市は十日、中区の遠州鉄道第一通り駅から鍛冶町通りの高架下「新川モール」整備事業の構想を明らかにした。朝市などイベントができる多目的広場を設け、にぎわいの拠点や憩いの場として二〇二一年四月の供用開始を目指す。市議会特別委員会に提示した。

新AI<3>多目的広場整備へ

記 者<1>「新川モール」、構想表明

旧AI<2>鍛治町駅下を整備

(18) 川勝平太知事は二十八日、県が浜松市西区篠原地区で整備を目指す県営野球場について「基本的な条件が整った。整備の遅れを挽回するためなるべく早く進めたい」と述べ、早ければ県議会十二月定例会に関連の補正予算案を提出する考えを示した。同市議会の飯田末夫議長から、球場整備と基本計画策定の早期着手を求める要望書を受け取ったことを受けて予定地を視察し、記者団に明らかにした。

新AI<2>県営野球場 整備費計上へ

記 者<1>県営球場 12月にも予算案

旧AI<3>県に記者会要望書

(19) 浜松市の新村和弘市議=四期目、西区選出=が十六日、市議会事務局のインターネット回線を使いアダルト動画を含む違法な動画投稿をしていたと明らかにした。市役所で記者会見し「小遣い稼ぎのために動画を投稿した。違法性の認識がなかった」と謝罪し、議員辞職する意向を示した。新村市議によると、今年二月から今月にかけて、市から支給されているパソコンと市議会会派控室のネット回線を使い、アダルト動画を十数本、動画販売サイトに投稿して販売した。

新AI<2>市議会 小遣い動画で謝罪

記 者<1>浜松市議が違法動画投稿

旧AI<3>議員自傷なら市議稼ぎ

(20) カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法は二十日の参院本会議で、自民、公明の与党、日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。ギャンブル依存症が拡大するとして野党が反対する中、自公が採決を押し切った。立憲民主党などは内閣不信任決議案を提出したが衆院本会議で否決された。通常国会は二十二日の会期末を前に事実上閉幕した。

新AI<2>統合型リゾート法律 事実上成立

記 者<1>カジノ法成立

旧AI<3>与党のみで国会提出

※<>数字は水谷整理部長による評価順位

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索