トップ > 静岡 > 3月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

電子図書を自宅で 浜松市立図書館が来月5日まで

期間限定で読み放題となっている電子図書=浜松市中区の市中央図書館で

写真

 特定の電子図書が読み放題となるサービスが、四月五日までの期間限定で浜松市立図書館の「はままつ電子図書」で始まっている。読みたい本を他の人が閲覧していても、期間中は順番待ちをせずに読めるのが特長。新型コロナウイルスの影響で子どもたちが外出しにくい状況が続くため、事業者から無償提供を受けた。

 事業者は電子図書サイトの提供を全国展開する「図書館流通センター」(東京)。申し出を受け、浜松市は十六日からサービスを始めた。

 特別公開されているのは一般書五十点、児童書五十二点、多文化資料(日本語学習用)二十四点の計百二十六点。「時をかける少女」「トム・ソーヤーの冒険」といった児童向けの作品や、夏目漱石や芥川龍之介らの名作などさまざま。

 利用者カードの登録者であれば、自宅のパソコンやタブレット端末、スマートフォンを使い、二十四時間読むことができる。貸し出しは三点まで。市立図書館のホームページから「はままつ電子図書」にアクセスし、特別公開されている本の一覧から選択する。

 市中央図書館の高瀬理子(まさこ)館長は「感染拡大の影響で子どもたちは自宅で過ごす時間が増えたと思うが、本を読めば世界が広がる。今回の特別公開をきっかけに読んでもらえたら」と話している。

 (問)同図書館=053(456)0234

(原一文)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索