トップ > 静岡 > 1月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

多彩な技法で版画を表現 浜松で作品展

さまざまな技法で表現した版画作品が並ぶ会場=浜松市中区のクリエート浜松で

写真

 さまざまな技法で版画を表現した県西部版画倶楽部(くらぶ)による作品展が十三日、浜松市中区のクリエート浜松で始まった。市内を中心に三十〜八十代の版画作家や愛好家四十七人が、近作九十二点を出品している。十九日まで。

 木版画や銅版画のほか、ゴム版で赤や青、黄色とカラフルに油絵で色づけした後に塗料を塗ってつやを出した抽象画や、絹などの生地の上から絵の具を流し込む「シルクスクリーン」で天竜浜名湖線の原谷駅をノスタルジックに表現した作品などが並ぶ。世話人の県版画協会理事の小杉康雄さん(同市南区)は「会派の枠を超えた多種多様な表現技法が楽しめる」と来場を呼び掛ける。

(篠塚辰徳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索