トップ > 静岡 > 12月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

三遠南信道で積雪時の車両移動訓練

放置車両を移動させるレッカー車=浜松市天竜区佐久間町で

写真

 国土交通省浜松河川国道事務所は三日、積雪時の交通障害に対応するための車両移動訓練を浜松市天竜区佐久間町の三遠南信道佐久間川合インターチェンジ(IC)で行った。

 地震や大雪など大規模災害時に緊急通行車両が通れるよう、道路管理者が放置車両を移動できるようにした二〇一四年の災害対策基本法改正を踏まえた訓練で、ことしで五回目。事務所職員や市消防職員ら四十人が参加した。三遠南信道本線で大雪のため車が動けなくなったとの想定で、レッカー車を要請して運び出す手順などを確認した。

 管内では、大雪のため同法に基づき車両を移動させた事例はないが、担当者は「実際に起きれば現場にたどり着くことも大変になる」と話した。ほかに除雪車の出発式もあった。

(島将之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索