トップ > 静岡 > 11月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松市と出雲殿 高齢者見守りで協定締結

協定を締結し、握手を交わす鈴木康友市長(左)と浅井秀明社長=浜松市役所で

写真

 浜松市と冠婚葬祭互助会業「出雲殿互助会」(浜松市中区)は二十二日、高齢者らを地域で見守る「はままつあんしんネットワーク」の見守り応援事業の参加に関する協定を結んだ。

 ネットワークは二〇一三年度に発足した。一人暮らしの高齢者の安否確認や異変の早期発見を目指し、市内の新聞配達業や運送業者らと協定を締結しており、今回で二十七事業所目。

 同社は従業員二十三人が浜松地区で営業活動に従事。庭先で洗濯物が干しっぱなしだったり、玄関や郵便受けに新聞や郵便物がたまったりしていた場合、各区役所の長寿保険課や地域包括支援センターなどに連絡する。

 市役所であった協定締結式では、鈴木康友市長と浅井秀明社長が協定書を手に握手を交わした。鈴木市長は「高齢化が進展する中、日常的な見守り活動は一つの課題」との認識を示した。浅井社長は「地域貢献活動の一つとして行い、信頼度を高めたい」と述べた。

 市内では一八年度、ネットワークの参加事業者から五十三件の連絡があった。

(角野峻也)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索