トップ > 静岡 > 11月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

藤枝産オリーブ 待望の初収穫

◆葵区の「クレアファーム」 商品など市長に紹介

北村正平市長(右)に収穫状況などを説明する西村やす子社長(中)ら=藤枝市役所で

写真

 県内最大級の規模を誇る藤枝市仮宿地区のオリーブ園が今秋、初収穫にこぎ着けた。栽培する「クレアファーム」(静岡市葵区)の西村やす子社長らが、市役所を訪れ、北村正平市長にオリーブオイルなどの商品を紹介した。

 約四ヘクタールの園内には二千本の木が植えられている。県内各地でオリーブの栽培事業を手掛ける同社が二〇一七年に栽培を始め、数百キロの実を収穫した。

 西村社長は、実を搾って造ったオリーブオイルなどの商品を紹介。将来的にはカフェや直売所などを併設した観光農園にしたい考えで、「官民で協力し、農業を核にして地域を活性化したい」と意気込んだ。来秋から収穫が本格化し、一トンほどの収量を見込む。

 地元でも女性住民グループがオリーブを生かしたお菓子作りに取り組むなど、産地化に向けた動きが進んでいる。北村市長は「食と農を絡めた地域振興に期待している。基盤整備など、市ができる部分は協力したい」と話した。

(佐野周平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索