トップ > 静岡 > 8月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

磐田の児童らと国際交流 米国の大学サッカーチーム

外国人と楽しみながらサッカーを学ぶ子どもたち=磐田市磐田西小学校で

写真

 米国ロサンゼルス市のバイオラ大学サッカーチームが十三日、磐田市を訪ね、児童や大学生らとサッカーで交流した。十四日まで市内に滞在し、市民らと親睦を深める。

 一行は、米国キリスト教スポーツ宣教団体「カリフォルニア・シーホース」の協力で来日し、八〜二十日の日程で大阪や京都などでサッカーを通じた交流を行っている。磐田市には磐田キリスト教会(蓮井康人牧師)の招きで訪れた。

 磐田西小学校では、地元の磐田第一ジュニアフットボールスポーツ少年団の児童ら約三十人にサッカーを指導。鬼ごっこのようなボール回しや離れた的にボールを蹴って当てるゲーム形式の練習などで、児童たちと触れ合った。英会話のレッスンもあった。

 同少年団キャプテンの柳谷信汰郎君(磐田西小五年)は「選手たちは明るく接してくれ、楽しいサッカーを教えてくれた」と満足そうに話した。

 夕方には静岡産業大で、同大サッカー部との親善試合をこなした。

 二〇〇二年から毎年、米国のサッカーチームと交流している蓮井牧師は「子どもたちが外国人と交流することで、さまざまなことを学んでほしい」と期待していた。

(夏目貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索