トップ > 静岡 > 8月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

「山の日」広まれ 掛川・粟ケ岳で風船飛ばし

短冊を付けた風船を一斉に放つ参加者=掛川市東山の粟ケ岳で

写真

 山の日の十一日、「茶」文字の植栽で知られる掛川市東山の粟ケ岳(標高五三二メートル)山頂から、短冊を結わえた風船を飛ばすイベントがあった。「みんな健康で幸せになるように」「定年後の生活を充実させたい」と書いた短冊を、青空に向かって一斉に放った。

 山頂で休憩所を運営する「茶文字の里東山」(田中鉄男代表)が企画し、ハイキング客や観光客ら六十人が参加した。

 山登りが趣味という島田市の会社員鈴木修さん(59)は「山の日を広めるユニークな催し。いろんなところで盛大にやってほしい」と期待した。

 東山は、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」の実践地域。田中代表は「粟ケ岳の景色を多くの人に知ってもらい、みんなで自然環境を守り育てていく活動に広げたい」と話した。

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索