トップ > 静岡 > 6月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

茅の輪に無病息災託す

◆市民ら輪くぐり 中区の白山神社 

茅萱で作った輪をくぐる市民ら=浜松市中区の白山神社で

写真

 本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「茅(ち)の輪くぐり」が二十四日、浜松市中区高林の白山神社で始まった。厄払いの儀式「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)式」が行われる三十日までの間、境内に直径約二メートルの輪が設置され、自由にくぐることができる。

 同神社の祭神でもある素戔嗚尊(すさのおのみこと)が旅の道中、貧しいながらも、もてなしてくれた蘇民将来(そみんしょうらい)に茅萱(ちがや)の輪を送ったところ、一族や子孫が代々にわたって繁栄した故事にならう風習。輪は、氏子ら十五人ほどが市内の休耕田などから茅萱を集めて作った。

 初日に訪れた市民らは一列になり、左回り、右回り、左回りの順で8の字を描くように輪をくぐった。近くに住む主婦の高林美恵子さん(70)は「家族や孫たちが健康に過ごせるようにお願いしました」と笑顔で話した。

(酒井大二郎)

◆「大祓式」へ作製 西区の曽許乃御立神社

野中一樹宮司(右)ら神職によっておはらいを受けた茅の輪=浜松市西区の曽許乃御立神社で

写真

 浜松市西区呉松町の曽許乃御立(そこのみたち)神社(野中一樹宮司)で二十三日、同神社で三十日夜に営まれる「夏越大祓式」へ向けた茅の輪作りがあった。同町の休耕田で栽培した茅萱(ちがや)を四十〜五十キロ使い、神職と総代約二十人が二時間をかけて作り上げ、境内に飾った。

 「お鹿島さま」として地域で親しまれる神社。直径約二・五メートルの茅の輪をくぐることが無病息災の祈りに通じ、夏を無事に過ごすことができると伝えられる。参詣客は二十五日から輪くぐりができ、三十日は午後七時から神事を伴う大祓式がある。

(武藤康弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索