トップ > 静岡 > 6月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

県と大学生が連携「ラ☆ガール」 ラグビー普及へ

◆DVD制作 遠州信金に寄贈

完成したDVDを持つ(左から)鈴木さん、佐藤さん、鈴木常務理事=浜松市中区中沢町の遠州信用金庫本店で

写真

 今秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向けて女性ファン開拓を目指す県と地元大学生の連携プロジェクト「ラ☆ガール」のメンバーが十一日、浜松市中区中沢町の遠州信用金庫本店を訪れ、ラグビー普及のために制作したDVDを贈った。同信金は寄贈を受けたDVDを浜松、湖西市の計二十五店舗で上映する。

 県は、W杯を盛り上げるため、競技を詳しく知らない人が多い女性を狙って、広報活動などを通じてラグビーへの理解を広める「ラ☆ガール」を地元の大学生などに任せている。今回は静岡文化芸術大三年の佐藤有純(あすみ)さん(20)=愛知県岡崎市、鈴木晴日(はるひ)さん(20)=静岡市葵区=が同信金を訪れ、鈴木靖常務理事に手渡した。

 DVDは、ラグビー選手へのインタビュー、ラグビーに触れた女子大学生へのインタビュー、機運醸成に向けた各大学の取り組み紹介の三本立て。ラグビーのイメージを聞かれて「マッチョみたいな」と答えるだけだった女子学生が、プレー映像を見て「見応えある」と興味を示す様子が収められている。

 制作に関わった佐藤さんは「父に話したら、ラグビーについて話したり試合に行くようになった。身近な人から、つながればいいと思う」。鈴木さんは、「女子学生の素直な気持ちを撮った。若い女性も楽しめると伝えたい」と話した。

(糸井絢子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索