トップ > 静岡 > 5月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

湖西市職員採用試験 2回に増やし応募促す

◆本年度一般事務

ゲーム画面をイメージした仕事紹介動画の一場面

写真

 湖西市は、市職員の応募を促すため、本年度の一般事務職の採用試験を、従来の一回から、前期と後期の二回に増やした。秋の後期日程を設けることで、春の前期で内定辞退者が出た場合にも対応できるようにした。いずれも二〇二〇年四月の採用となる。市役所の仕事を紹介するオリジナル動画も作成した。

 今年の前期の募集期間は三十一日まで、後期は十月一日から三十一日までで、どちらか一回のみ受験できる。書類選考の後、三次試験まである。

 仕事紹介の動画は、YouTubeの市公式チャンネルで公開している。動画は、庁舎を管理する資産経営課の男性職員が主人公。先輩や後輩職員と対戦し、仕事をこなすと能力がアップするなど、ゲーム画面のようなコミカルな動画に仕上げた。

 採用試験を受ける世代に近い若手職員八人が案を出し合い、撮影から編集まで担当した。主人公を演じた小林謙太さん(24)は「事務職はパソコンを使う仕事と思われがちだが、現場作業もあっていろんな経験ができ、やりがいがある。多くの人に興味を持ってもらいたい」と話している。

 採用試験申込書は市総務課で交付するほか、市ウェブサイトからも取得できる。最終学歴の卒業証明書または卒業見込み証明書など、必要書類をそろえて同課へ直接提出して申し込む。(問)同課=053(576)1698

(片山さゆみ)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索