トップ > 静岡 > 3月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松交響楽団 17日、アクトで定期演奏会

リハーサルで音を合わせる団員ら=浜松市中区のあいホールで

写真

 浜松市内のアマチュア音楽家らでつくる浜松交響楽団の定期演奏会(十七日)の事前リハーサルが十三日、中区のあいホールであった。

 リハーサルには、団員約九十人と掛川市出身のピアニスト佐藤元洋さん(25)、東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団専任指揮者の松岡究(はかる)さん(61)が参加。演奏を予定しているワーグナーの「歌劇『ローエングリン』より第一幕・第三幕への前奏曲」とリストの「ピアノ協奏曲第二番イ長調S・125」、ベートーベンの「交響曲第三番変ホ長調作品五十五『英雄』」の三曲を練習した。

 リストの協奏曲でピアノを担当する佐藤さんは「リスト特有の超絶技巧に挑戦する。ドイツの源流をたどる曲が一堂に会する貴重な経験なのでぜひ聴きに来てほしい」と呼び掛ける。

 演奏会は中区のアクトシティ浜松大ホールで午後二時開演。指定席二千円、自由席千五百円、高校生以下千円。(問)浜松交響楽団事務局=053(454)6722

(松島京太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索