トップ > 静岡 > 2月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

富士川楽座に富士山のモニュメント完成

新モニュメントと富士山をカメラに収める親子連れ=富士市の富士川楽座で

写真

 富士市の道の駅「富士川楽座」では、富士山をかたどった新たなモニュメントが完成し、除幕式が行われた。訪れた人たちが早速登り、本物の富士山とのコラボレーションを楽しんだ。

 運営する富士川まちづくり株式会社によると、道の駅は富士山の眺望スポットとして人気が高いが、見えるのは年間の三分の一ほど。見えない日に訪れた人にも富士に親しんでほしいと企画した。元々あった芝生張りの小山をコンクリート製のモニュメントに置き換え、土台を富士山から採取した砂で固めた。高さは富士山の二千五百分の一にあたる一・五メートル、直径は七・五メートルで、夕刻や四季の富士もグラデーションで表現した。

 同社はモニュメントの名前も募集中。富士山の日にちなみ、二万二千三百円分の旅行券や、富士山をかたどった3Dチョコレートなどが贈られる。締め切りは三月三十一日で、SNSから応募できる。詳細は富士川楽座の特設サイトで。館内に応募箱も用意する。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索