トップ > 滋賀 > 3月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

大学生の濃厚接触は両親のみか 県内5人目の新型コロナ感染

 県が二十三日、県内五人目の新型コロナウイルス感染者として発表した大津市の二十代の男子大学生は、英国から帰国後、すぐに感染が判明した。県は、両親を濃厚接触者とし、PCR検査する予定だが、両親以外に県内の濃厚接触者はいないと見ている。

 父親は体調に異常はないが、母親は男子大学生に会う前からせきの症状があるという。

 男子大学生は昨年九月からロンドンに留学し、今月二十一日に羽田空港に帰国。空港到着後はマスクを着用し、三時間ほどロビーで過ごしていた。両親の自家用車で大津市内の自宅に戻ったが、三九度近くの発熱とせき、関節痛の症状があったため、市内の別宅で両親と過ごしていた。

 二十二日に帰国者・接触者外来を受診し、翌二十三日にPCR検査で陽性となった。現在は市内の医療機関に入院。三七度台の発熱と頭痛、関節痛はあるが容体は安定しているという。

 男子大学生は今月八〜二十日は、主にロンドンの自宅で過ごし、現地の友人らと外食する機会などもあったという。

 (柳昂介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索