トップ > 滋賀 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

集中力切らさず逆転 県勢初のかるたクイーン本多さん

山下さんと対戦した本多さん(右)=大津市の近江神宮で

写真

 十一日に大津市の近江神宮で開かれた小倉百人一首競技かるたの日本一を決める「第六十六期名人位・第六十四期クイーン位決定戦」。県勢初のクイーンに輝いた大津あきのた会に所属する本多恭子さん(28)=兵庫県尼崎市。四年ぶり三度目の挑戦で令和初の日本一を達成し、「たくさんの人の応援のひと言がパワーになった」と喜んだ。

 本多さんはこの日、東京明静会の山下恵令さん(34)に一戦目は七枚差、二戦目は十四枚差で敗戦し、厳しい出だしとなった。

 ただ、「気持ちの切り替えが早く、最後の一枚まであきらめずに集中力を保つ」ことが得意という本多さん。三回戦では九枚差で相手を圧倒し、四回戦は四枚差で逃げ切った。

 勝敗がかかった五回戦でも、最後まで集中力を切らさなかった。序盤から有利に試合を運び、中盤では相手のミスも誘って最後は八枚差に引き離した。本多さんは「欲は出さず、最後の一枚まで集中できた」と試合を振り返った。

 大津あきのた会で本多さんを見守ってきた宇野浩子さん(41)は「去年から集中力や、冷静に試合を見る力が大きく成長した。県勢のクイーンはずっと皆が願ってきた。とてもうれしい」と涙ぐんでいた。

 (森田真奈子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索