トップ > 滋賀 > 1月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

米原・グランスノー奥伊吹、今季開業 来場者ら笑顔

スキーやスノーボードを楽しむ来場者たち=米原市甲津原のグランスノー奥伊吹で(奥伊吹観光提供)

写真

 雪不足でオープンが遅れていた米原市甲津原のスキー場「グランスノー奥伊吹」(旧奥伊吹スキー場)が六日、今シーズンの営業を始めた。昨年十二月十四日の開業予定より、三週間以上遅れてのオープンとなった。

 昨年十一月下旬に初冠雪を記録後、十二月初旬までは順調に積雪があったが、その後、冷え込みが緩んだ。人工降雪機を増やして準備したが、気温が高く十分に雪を増やせなかった。

 ゲレンデの積雪は三五センチ。全十二コースのうち、初日は「ファミリーゲレンデ」と「バラエティーゲレンデ」の二コースをオープンし、約百五十人の来場者がスキーやスノーボードを楽しんだ。七日以降、積雪状況を見ながら滑走可能なゲレンデを広げていく。

 グランスノー奥伊吹は、今季で開業五十周年を迎え、女性用トイレを新設し、キッズパークを拡張。リフト券や食事代が無料になるなどのサービスデーを設けて盛り上げる。営業時間は午前八時〜午後五時。

 (安江紗那子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索