トップ > 滋賀 > 1月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

けがれはらい新年へ 近江神宮で「大祓式」「除夜祭」

おはらいを受ける参列者たち=大津市神宮町の近江神宮で

写真

 大津市神宮町の近江神宮で大みそかの十二月三十一日、一年のけがれをはらい、新年の平穏無事を祈る「大祓(おおはらえ)式」と「除夜祭」があり、約四十人が参拝に訪れた。

 大祓式では、宮司が祝詞を奏上し、参列者たちはおはらいを受けた。続く除夜祭では、厳かな雰囲気の下、内拝殿で代表者が玉串を奉納した後、参列者たちに神酒が振る舞われた。

 佐藤久忠宮司(84)は「元号が令和になり、今年は特別な年となった。一方で、災害もあり、いまだに家に帰れない人たちもいる。来年こそ、穏やかな年となるよう祈りたい」とあいさつした。

 (柳昂介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索